犬図鑑

犬の食べて良い物・悪い物 野菜編

投稿日:

前回の続編
今回は野菜編
みなさんは可愛い愛犬の食事は
どのようにしていますか?

 

お米や魚?
ドッグフード?
色々だと思いますが、
基本的にはドッグフードオンリーが
一番良いと思います。

 

犬の為に作られた食事ですからね。

 

でも、どうしても普通の食事を与えたい場合
こちらを参考に少量で与えてください。

野菜は基本的に加熱食で
与えてください。

 

管理人の愛犬も以前急性膵炎にかかり
大変な思いと、かわいそうなことをしたと
反省した過去があります。

 

あなたの愛犬も気をつけてくだいね。

 

 

今回は野菜編
与えて良いものと悪い物があるので
理解しておいてくださいね。

 

アスパラガス・・食べてもいいがお勧めしない
アルカロイドという毒性を
発生する成分があるため

 

銀杏・・  食べてはダメ
メチルビリドキシンという中毒性物質が
あるため要注意。特に散歩中に
拾い食いさせないように。

 

しいたけ・・   基本的にはOK
但し消化にはあまりよくない
生はダメ、加熱してから
道端のキノコは食べさせないで
くださいね。

 

枝豆・・ 基本的にはOK
こちらもあまり消化には良くないので
潰して与えるのが良いと思います。
もちろん加熱は必須。

 

いんげん・・   基本的にはOK
加熱は必須で少量なら大丈夫です。
与え過ぎには注意。

 

オクラ・・   基本的にはOK
食物繊維が豊富な食材、腸内環境を
整えてくれると言われています。
但し与え過ぎには注意が必要です。

 

かぼちゃ・・  基本的にはOK
カロリーが高めの食材の為
与え過ぎには注意
肥満にならないようにしましょう。

 

にんじん・・  食べてもいいがお勧めしない
食物繊維が多い為、便が緩くなる場合や
下痢になる場合があるので注意が必要
加熱してやわらかくしましょう。

 

ごぼう・・  食べてもいいがお勧めしない
食物繊維が多い野菜の為、
与え過ぎには注意が必要。
下痢になってしまう場合もあります。
少量なら問題はないとされています。
加熱は必須です。

 

きゅうり・・   基本的にはOK
水分の多い野菜です。特に問題はありません。
但し与える量は注意が必要です。

 

きゃべつ・・基本的にはOK
整腸作用もあると言われていますが
あまり食べ過ぎると軟便になる
場合があるので注意が必要になります。

 

レタス・・   基本的にはOK
特別に問題はない食材です。
水分が多めになるので
お腹の管理は気にかけた方が良いですね。

 

ネギ 玉ねぎ・・   食べてはダメ
アリルプロピルジスルファイドという
成分があります。
犬の赤血球を壊すと言われていますので
絶対に与えないでください。
室内犬の場合も食卓からこぼれ落ちるのにも
注意が必要です。

 

にら・・   食べてはダメ
アリルプロピルジスルファイドという
成分があります。
犬の赤血球を壊すと言われていますので
絶対に与えないでください。
室内犬の場合も食卓からこぼれ落ちるのにも
注意が必要です。

 

とうもろこし・・基本的にはOK
消化にはあまり良く無い食材の為
与える量には注意が必要です。

 

白菜・・基本的にはOK
カロリーもそれほど高く無い為
特に問題はないとされています。

 

さつまいも・・基本的にはOK
食物繊維が多い為、
与え過ぎると下痢になることもあるので
注意が必要です。

 

じゃがいも・・食べてもいいがお勧めしない
じゃがいもに含まれるアルカロイドが
毒性を発する場合があるとされている
ため注意が必要になります。

 

大根・・基本的にはOK
特に与えても問題はないが
食べ過ぎには注意
軟便や下痢になる場合があります。

 

ピーマン・・食べてもいいがお勧めしない
ピーマンに含まれるアルカロイドが
毒性を発する場合があるとされている
ため注意が必要になります。
少量であれば大丈夫。

ブロッコリー・・ 特に問題はない
但し繊維が多い野菜なので茹でて
細かくしてあげてください。
与える量には注意が必要です。

 

トマト・・基本的にはOK
但し、赤く熟しているトマトに限る。
まだ熟していないトマトには
ソラニンという毒性物質が含まれるため。

 

以上です。

 

 

野菜の方が果物に比べて
実は与え方が難しいことに
気が付かれたのではないでしょうか?

 

思いもかけない発作が出て
心配になってしまうようでは
本当に愛犬がかわいそうですからね。

 

今はドッグフードも
本当に充実した
ラインナップをそろえているので
是非そちらを中心に
食生活に変えてくださいね。

 

 

最後にあなたの愛する愛犬が長く家族といられるように
愛情を注いで、健康ケアをしっかりしてあげてください^^

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-犬図鑑

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

狆 性格 まとめ

狆についてまとめてみました。 狆の体型 狆を目にした際にバランスが取れた体型であると 感じられる理由は、体調と体高の長さが ほぼ同一である点が関係しています。   体高の平均はおよそ 23セ …

犬の食べて良い物・悪い物 果物編

可愛い愛犬にはどうしても 甘やかしたくなってしまいますよね。 でもちょっと待って!! 可愛いからと言っていろんなものを 与えてはいませんか?? 犬は人間と体のつくりが違います。 いつまでも健康な体でい …

ミニチュアピンシャー 性格 まとめ

ミニチュアピンシャーについてまとめてみました。 ミニチュアピンシャーの体型 これからミニチュアピンシャーを飼おうと 考えている飼い主さんの中には   写真などを参考情報とする方が多く、 その …

トイプードル 性格 まとめ

トイプードルについてまとめてみました。     トイプードル体型   トイプードルは成犬で体重は 約4キロくらいと言われてます。     プードルには …

チワワ 性格 まとめ

チワワについてまとめてみました。 チワワ体型   チワワは成犬でも体重は約1キロ~3キロと 非常に軽く世界で最小クラスの犬種になると 言われてます。   そのチワワの体型ですがドワ …